MENU

LED照明

LED

LEDのこと

長寿命・省電力ですっかり定着したLED照明ですが、LEDには工事不要のLEDと工事が必要なLEDがあることをご存じでしょうか。

工事不要で取付のできるLEDは工事費が発生しないメリットがありますが、ランニングコストが高くなるというデメリットが存在します。
また、工事取付をしたLEDは工事費が発生しますが、ランニングコストが安くなるというメリットが生じます。

このようなメリットデメリットは安定器によるものです。

LEDについて

節電の鍵は安定器

従来の蛍光灯や白熱電球には「安定器」がついており、安定器は蛍光灯の光を安定させるための装置です。

この安定器をつけたままLEDを取り付けるのが「工事不要のLED」の特徴です。 工事費はかかりませんが、安定器が使う電力は消費され続けます。
また、安定器が壊れてしまうと、LEDは点灯しなくなりますので安定器の交換工事が必要です。

対して工事を行って取り付けたLEDは安定器が無駄な電力を消費しないため、ランニングコストが下がりLEDの省エネ性能が十分に発揮できます。 照明が多いほど使用電力の差は大きくなりますので、倉庫や店舗等照明の多い場所は特にLED工事を行うことで節電が見込めます。

節電効果はどれくらい?

環境によって異なりますが、一般的に 蛍光灯は1/3 スポットライト1/10 水銀灯約半分 ダウンライト1/5 程度の節電を見込めます。 特に水銀灯は消費電力が大きいため、使用数が多くなくても大きな効果が見込めます。

LEDは長寿命なのに切れる?

LEDは長寿命と言われる反面、切れたという話もあります。 LED素子自体は長寿命なのですが、LED照明の他の部品、電子回路や発光体が劣化するためです。 これを避けるためには粗悪品を使わないことです。株式会社宮城通信では国産メーカーを推奨、取扱っています。