MENU

LED照明

LED

LEDのこと

工事とLED

長寿命・省電力ですっかり定着したLED照明ですが、LEDには工事不要のLEDと工事が必要なLEDがあることをご存じでしょうか。

工事不要で取付のできるLEDは工事費が発生しないメリットがありますが、ランニングコストが高くなるというデメリットが存在します。

また、工事取付をしたLEDは工事費が発生しますが、ランニングコストが安くなるというメリットが生じます。

このようなメリットデメリットは従来の蛍光灯や白熱電球についている「安定器」によるものです。
(※ 安定器は蛍光灯の光を安定させるための装置です)

LEDについて

電力を消費し続ける安定器

安定器をつけたままLED設置できるのが「工事不要のLED」の特徴ですが、安定器が使う電力は消費され続けます。
更に安定器が壊れてしまうと、LEDは点灯しなくなりますので安定器の交換工事が必要です。

LEDの節電効果を発揮する工事

工事を行って取り付けたLEDは安定器が無駄な電力を消費しないため、消費電力が下がりLEDの省エネ性能が十分に発揮できます。
照明が多いほど消費電力の差は変わりますので、倉庫や店舗など照明の多い場所はLED工事を行うことで特に節電が見込めます。

節電効果はどれくらい?

環境によって異なりますが、一般的に 蛍光灯は1/3、 スポットライト1/10、 水銀灯約半分、 ダウンライト1/5、 程度の節電を見込めます。 特に水銀灯は消費電力が大きいため、使用数が多くなくても大きな効果が見込めます。

LEDは切れる?

LEDは長寿命と言われる反面、切れたという話もあります。 LED素子自体は長寿命なのですが、LED照明の他の部品、電子回路や発光体が劣化するためです。 これを避けるためには粗悪品を使わないことです。
株式会社宮城通信では国産メーカーを推奨、取扱っています。

フォロー対応

万が一LEDが切れたとしても、宮城通信は無償で交換いたします。 リース期間中は無料で交換いたしますので安心してご利用いただけます。

LED工事の流れ

1.まずはお気軽にお電話(0120-110-083)かメールでご相談ください
2.担当者が現地調査後コストシュミレーションを作成して打合せします
3.実際のお見積りを提出させて頂きますので、ご検討ください
4.納得して頂ければ工事打合せの後、導入工事をさせて頂きます